最新情報

2014年11月2日
「インフルエンザ 背中が痛い」を追加しました。
2014年10月31日
「乳癌 背中の痛み」を追加しました。
2014年10月23日
「背中の真ん中が痛い」を追加しました。
2014年3月11日
「突然の強い胸痛と背中の痛み」を追加しました。
2014年2月4日
「縦隔腫瘍」を追加しました。
2013年12月22日
サイトをリニューアルしました
2013年9月18日
「手のしびれ 背中の痛み」を追加しました。

背中が痛む病気

背中が痛い症状でお困りの方、痛みは何が原因だと思いますか?

原因としては考えられるのは、骨や筋肉や靭帯の異常によるもの、脊髄や神経の異常によもの、 内臓の疾患で起こるものなど様々あります。

この中でも気を付けなくてはならないのが内臓の疾患による病気です。 内臓の疾患による病気としては、胸膜炎や心筋梗塞、狭心症、大動脈炎症候群、解離性大動脈瘤などがあります。

この中で心筋梗塞や解離性大動脈瘤などは命の危険を伴う恐い病気ですので気を付けなければなりません。

心筋梗塞は40歳過ぎから多くなり、50歳から60歳がピークで男性が多くかかる病気だと言われています。 心筋梗塞は突然起こるもので、高血圧症や高脂血症、糖尿病、肥満、喫煙者などがかかりやすいと言われています。

発作から1日目で亡くなる人が40%を占めており、発作が起こったらすぐに専門的な治療を受ける必要があります。

心筋梗塞の症状は、「背中から前胸部になにかが走ったような感じの痛み」や「焼きごてを当てられたような痛み」など 人によって表現は様々ですが、前胸部や胸骨、首、肩、背中に激しい痛みを伴います。

解離性大動脈瘤は、急に胸やみぞおちが痛み出し、その痛みはお腹の中央や、 背中の中央や腰に移動することがあります。

これをほうっておくと血管が破裂して命を落とすことになりますので、 早急に病院に行き治療を受ける必要があります。

このように背中の痛みが伴う病気では命を落としかねない病気もありますので注意が必要です。 少しでも不安に思ったらすぐに病院に行き診断を受けましょう。

スポンサード リンク

背中が痛い症状と一緒にあらわれる他の症状から病気を調べるには?

  • 背中から前胸部に何かが走ったような痛みを感じる
  • 前胸部、胸骨の裏側、首、上腕の内側、肩、背中が痛む
  • 胸が締め付けられた感じがする
  • 前胸部や胸骨の裏側が痛む
  • 吐き気を伴う
  • 痛みが10分~2時間ぐらい続く

背中が痛い症状から考えられる病気を調べてしましょう。症状によっては心臓病のように命に関わる場合もありますので、あなたの当てはまる症状をチェックして可能性のある病気を調べてみましょう

このページの先頭へ